monreale
パレルモの市内では道路の信号に従って車が走るのではなく、「(交差点を)先に通るよ!」とばかりにクラクションをならしっぱなしにして走る仕組みなのか、とにかく大変な喧噪でした。
鉄道のゼネストにかちあったり、さんざん振り回されながらシチリア滞在の最後の日はパレルモ郊外の町モンレアーレに「黄金の大聖堂がある」というので見物に向かいました。
monreale2

パレルモの喧噪が嘘のように静かな小さな町ですが、それは見事な大聖堂とアラブ風の意匠が織り交ぜられた中庭があります。
monreale-duomo1

中庭の列柱には以前訪れたスペイン南部の風景とも通じるものがありましたが、教会の中の様子はむしろ北イタリア・ラヴェンナやベネチアのモザイクにも負けない豪華さでした。
monreale-duomo2

Monreale-duomo3

長い歴史の中で色々な文化が混じり合ってその土地独特の文化になっていくのでしょうか。

この小さな町では、「ジェラートのサンドイッチ」というのを食べました。丸いブリオッシュパンに好きなジェラートを挟んで渡してくれるだけの素朴なものですが、とても美味だったことを覚えています…。

082map

こんなスケッチもあります: